介護士になりたい理由は?(志望動機)

私が介護士として働いてきた中で、一番よく聞く志望理由は 「自分が小さい時からおばあちゃん、おじいちゃんに育てられて来て大好きな、おばあちゃん達を大切にしたいから」 というものです。 その次は「一緒に生活していく中で自分の両親が、介護をする姿を見て、自分も役に立てる様になりたい」 という理由です。 小さい頃からおじいちゃん・おばあちゃんに育ててもらった経験のある人は、 自然とこうした温かい気持ちが育まれていくのだと感じました。 生活の中で自分の将来や、未来が見える環境の元で、 自然と道が決まっていったのだと思います。 他の皆さんは、様々な思いで介護士に応募していました。 将来性があるから、これからは高齢者福祉を支えていかなければならないと言う使命観だったり。 身近に高齢者がいなくても、誰かを支援することに、やりがいを感じる方が多いです。

続きを読む

介護士ってタトゥーしててもいいの?

介護士とタトゥーについて。 今の若い人達にとっては、タトゥーって「オシャレの一部」です。 抵抗感はとても薄れていると思います。 しかし、ある程度以上の年齢の人にとって、タトゥーって「入れ墨」という認識なんですね。 介護士が毎日支援するのは、高齢者の方々です。 高齢者にとっては、入れ墨は「一般人が体に入れる物」という概念はほぼ有りません。 (いわゆる「怖い人」が入れているイメージ) 介護士が入れ墨をしている事は、高齢者の方にとっては驚きを隠せません。 恐怖すら感じてしまう人も多いかもしれませんね。 もちろん、タトゥーが入っていたら介護士になれない訳ではありませんよ。 ただ、タトゥーが入っていることを職場の人や、利用者に知られて得することは何もありません。 とにかく見せないことですね。 隠して仕事をしても、全く仕事に支障が無いです。 介護も接客業であり、接遇が何より大切です。 その接遇は心や、思いやりが現れてこそです。 タトゥーがその人を表す訳ではありません。 大切なのは、介護士としての接遇マナーや専門職としての意識では無いでしょうか。

続きを読む

介護士は何歳から働ける?

介護士は何歳から働くことができるでしょうか? 介護士は学歴を問わない場合が多く、資格も施設で働く上では必須では無いので、中学卒業後の15歳から働くことが可能です。 高校に進学せずフルタイムで働くことも、高校に行きながらアルバイトで働くこともできます。 ただし、介護の仕事を続けていく場合は働きながら資格の取得を目指していくことになるので、勉強は必要になります。 初任者研修や実務者研修を取得し、3年間の実務経験を積めば介護福祉士の受験資格を得ることが可能です。 中卒でも国家資格が取得出来ますよ。 介護福祉士の資格を持っていれば、介護士として安定した収入を得ることが出来ます。 経済的な理由などで高校進学が難しくても仕事に困ることなく生活していける職業であると言えます。

続きを読む