介護士は生活が出来ない?

介護士の給料では生活が出来ないか?と言うと、ケッシテそんなことはありません。 そもそも生活出来なければ、誰も介護士の仕事などしていないと思いますし。 低賃金の印象からそう思われてしまうのかもしれませんが、 介護士って必ずしも低賃金という訳ではないんですね。 確かに、私が新卒の頃は一人暮らしの家賃光熱費と奨学金の返済もあって、 貯金はおろか自由に使えるお金すらほぼ手元に残らない苦しい時代がありました。 しかし、仕事をこなせるようになり夜勤ができるようになると、 収入が一気に増えて生活も随分楽になりました。 賞与も満額貰えるようになると、少しずつ貯金もできるようになりました。 施設の待遇と働き方によっては生活出来るだけの収入は得られます。 どれだけ待遇の良い施設に入職できるかが生活の質を左右してくるのだと思います。

続きを読む

介護士の年収例(子供あり女性)

介護士の年収は、実際に働く職場(施設)によってかなり差が出るのが現実ですね。 例えば、私の場合でお話すると、 ・介護福祉士の資格あり ・夜勤を含む変則勤務あり ・介護士歴9年(2回転職しており現在の施設は勤続約2年) ・住宅あり ・子供あり ・通勤手当あり ・ボーナスは年2回(月給の約3.9ヶ月分) ↑この働き方で年収は350万円ほどです。 施設によっては手当が何も出ないこともありますし、 ボーナスが貰えないもしくは少ない事もあるので、同じ仕事内容をこなしても年収にかなり差が出ます。 夜勤のないデイサービスなどの勤務はもっと低くなります。 そしてこれに男女比はありません。 同じ条件なら男性でも同じです。 つまり、介護士で稼ぎたい場合は、施設選びを慎重にする必要があるということです。

続きを読む